事業団の発掘と整理
発掘調査の最新情報

下高田白山(しもたかだはくさん)遺跡

平成31年3月 調査
調査場所
富岡市妙義町地内
調査期間
平成31年1月1日~平成31年3月31日
調査原因
平成30年度(一)宇田磯部停車場線 補助公共 社会資本総合整備事業(活力・重点)に伴う埋蔵文化財の発掘調査
委託者
富岡土木事務所
主な時代
縄文・弥生・古代・近世
遺跡の内容
3月の調査は、As-A軽石(1783(天明3年)に浅間山の火山活動により噴出した軽石)を、穴を掘って埋めた、復旧坑3基。縄文時代・弥生時代・古墳時代の竪穴建物20棟。旧石器時代の確認調査などを調査しました。竪穴建物は、縄文時代後期4棟・弥生時代中期1棟・古墳時代後期2棟・平安時代13棟の調査を実施しました。この20棟を含め、これまでに38棟の竪穴建物を調査しました。これらの竪穴建物は、丘陵の緩やかな南斜面に散在していました。旧石器時代の調査では、4m×4mの調査坑を7か所に設定して調査を実施しました。調査は暗色帯(3万~3万5千年前)も掘り下げましたが、遺構遺物は発見されませんでした。
調査は3月末で全て終了しました。
連絡先
写真1 調査区全景(上空から)
写真2 発見された竪穴建物跡