歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品整理遺跡の最新情報

今月のトピック遺跡紹介平成28年1月
金井東裏(かないひがしうら)遺跡【上信自動車道金井バイパス関連】
貯蔵穴から出土した縄文時代の片口付き深鉢土器
金井東裏遺跡は、群馬県のほぼ中央に位置する渋川市金井にあります。当遺跡はこれまでに何回もマスコミで取り上げられてきましたが、6世紀初め頃の榛名山の噴火で被災した古墳人骨や甲冑が出土したことで広く知られています。
この古墳時代よりさらに古い下の土層(地表下約2~3m)から、約6,700年前の縄文時代のムラ跡が見つかり、多数の竪穴住居や貯蔵穴などが調査されています。写真1はその貯蔵穴の一つですが、中からいくつかの破片に割れた土器が捨てられた状態で出土しました。この破片をつなぎ合わせると、写真2のような深鉢形の土器(口径28㎝、高さ32㎝)に復元されました。器面全体に複雑に撚り合わせた縄を転がして菱形のモチーフが描かれていますが、口縁には幅4㎝、長さ3㎝の片口状の注ぎ口が付けられているのも特徴的です。土器の表面には、炉にかけて使われた時の煮こぼれ痕がスス状に付着していますが、おそらく動物や山菜を煮込んだスープなどをこの片口から別の器に注ぐ時に重宝したことでしょう。
しかし、このような片口付き深鉢土器は数も少なく、また比較的短い期間でその姿を消して作り続けられることはありませんでした。「生活に便利な道具ならなぜ長く使い続けないのか」と思われる方も多いでしょう。こうした不思議な現象は、この土器が便利な道具としてよりも、もっと違った意味合いで作られたことを示しています。おそらくそれは、縄文人の生活に深く根ざしていたと密接に関係したものだったのでしょう。
想像をたくましくすれば、多数のムラ人が集まる呪術的な儀式の中で、スープを分け合うような場面に片口付き深鉢土器が用いられたのではないでしょうか。そして、儀式が変化してすたれるに伴い、こうした土器も不用となりその役割を終えたのでしょう。



写真1 貯蔵穴内に捨てられた土器

写真1 貯蔵穴内に捨てられた土器

写真2 復元された片口付き深鉢土器

写真2 復元された片口付き深鉢土器

前ページへ戻るページトップへ戻る