歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

金井下新田(かないしもしんでん)遺跡・金井東裏(かないひがしうら)遺跡 平成27年7月調査
調査場所

渋川市金井地内

調査期間

平成27年4月1日~平成28年3月31日

調査原因

平成27年度(国)353号金井バイパス(上信自動車道)道路改築事業(国道・連携)

委託者

群馬県渋川土木事務所

主な時代

縄文・弥生・古墳・中世・近世

遺跡の内容


6月の調査に引き続き金井下新田遺跡1区で、6世紀初頭の榛名山の噴火による火砕流を徐々に掘り進める調査を行いました。噴火直前の地表面の形状を反映しているためか、起伏が大きくなってきました。火砕流の堆積している層の調査の為、その下の遺構についてはまだはっきりと確認することはできませんが、噴火直前の遺構に関連すると考えられる遺物や、建物の痕跡の可能性が高い炭化物・変色等を検出しました。今後も火砕流中の調査が続きますが、重要な発見につながる情報が得られる可能性もありますので、慎重に調査を進めていく予定です。


連絡先
金井下新田遺跡調査事務所 090-2414-2561


写真1 1区調査風景

写真1 1区調査風景

写真2 火砕流中から出土した古墳時代の土器

写真2 火砕流中から出土した古墳時代の土器

前ページへ戻るページトップへ戻る