歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

金井下新田(かないしもしんでん)遺跡・金井東裏(かないひがしうら)遺跡 平成27年4月調査
調査場所

渋川市金井地内

調査期間

平成27年4月1日~平成28年3月31日

調査原因

平成27年度(国)353号金井バイパス(上信自動車道)道路改築事業(国道・連携)

委託者

群馬県渋川土木事務所

主な時代

縄文・弥生・古墳・中近世

遺跡の内容


 金井下新田遺跡では、昨年4月から1年間の調査で古墳時代の鍛治炉をもつ住居、囲い状遺構及びその内部施設と考えられる大型住居を始め、平安時代の炭窯、弥生時代の周溝墓等、様々な発見が相次ぎました。今年度も、金井下新田遺跡を中心に、金井東裏遺跡で調査の残っている一部の区域を含め、1年間調査を行う予定です。
 昨年度Hr-FA(6世紀初頭の榛名山の噴火による火山灰と火砕流堆積物)を取り除くところまでの調査をした1区南側で調査を進めたところ、古墳時代の竪穴住居が見つかりました。竪穴住居の内部には柱穴やカマドの痕跡等がみられ、土器や石製品も出土しています。住居の外側には住居を掘ってその土を盛った周堤が残されていました。


連絡先
金井下新田遺跡調査事務所 090-2414-2561


写真1 1区 1号住居調査風景(東から)

写真1 1区 1号住居調査風景(東から)

写真2 1区 1号住居全景(南西から)

写真2 1区 1号住居全景(南西から)

前ページへ戻るページトップへ戻る