歴史を紐解く

群馬の遺跡・出土品発掘遺跡の最新情報

金井東裏(かないひがしうら)遺跡 平成26年1月調査
調査場所

渋川市金井地内

調査期間

平成25年4月1日~平成26年3月31日

調査原因

(国)353号金井バイパス(上信自動車道)道路改築事業

委託者

渋川土木事務所

主な時代

縄文・弥生・古墳・中近世

遺跡の内容


7区の調査を継続しており、この調査区でも新しい発見が続いています。その一つが12月の調査で紹介をした柄鏡形敷石住居の南側から発見した、縄文時代後期の複数の配石遺構です。その中でも写真の2例は、形がよく残っていたものです。写真1は、中央に立石(細長い石を立てたもの)を置き、その周りに扁平な川原石を3重に立て並べた特異な配石遺構で、写真2は四隅に立石を置き、その囲まれた内側に扁平な川原石を置いた配石遺構です。
また、縄文時代前期の住居跡も多数検出されています。写真3は、写真4のような関山式という縄文時代前期の土器を出土する住居が重なって発見された例です。このように金井東裏遺跡では、古墳時代ばかりではなく縄文時代の貴重な資料も発見されています。

問い合わせ 
金井東裏遺跡調査事務所 電話 0279-23-8523


写真1   7区配石遺構

写真1  7区配石遺構

写真2 7区配石遺構

写真2 7区配石遺構

写真3 重複する縄文時代住居跡

写真3 重複する縄文時代住居跡

写真4 縄文時代前期の土器

写真4 縄文時代前期の土器

前ページへ戻るページトップへ戻る